笑顔の女性

日々の疲れはアントシアニンでパパっと改善|視力改善効果もあり

老化を防ぐサプリ

サプリメント

抗酸化作用や免疫力向上に

ダイズなどの豆類に多く含まれるサポニンは、水にも油にも溶け、泡立ちやすいという特徴があります。この性質を活かして、昔は石鹸の代わりに使われることもありました。また薬用ニンジンなど生薬の成分としても有名で、痰を切ったり炎症を抑えたりするために用いられます。サポニンには強い抗酸化作用があり、コレステロールの酸化を防いで血液をサラサラに保つとされています。また脂肪や糖質の吸収を抑え、肥満・高脂血症・糖尿病などの予防に効果が期待できます。さらに免疫力を向上させ、感染症にかかりにくい体を作るとも言われています。さまざまな生活習慣病を防いで老化防止に繋がることから、サプリメントとして多くの製品が販売されています。

種類により性質が異なる

石鹸の代用だったことから分かるとおり、サポニンには細胞膜を溶かす作用があります。そのため血液に混じると赤血球が溶けて、紅斑ができたり吐き気を起こしたりすることがあります。ただしサポニンにも多くの種類があり、原料になる植物によって性質が異なります。注意が必要なのは、生薬に含まれる濃度の高いサポニンです。サプリメントの場合は安全性が高く、よほど過剰に摂取しない限り心配はいりません。とはいえ、どんなに安全なサプリでも、むやみに多く摂れば良いというわけではありません。食事のバランスや適度な運動にも注意を払い、足りない部分をサプリで補うのが健康の秘訣です。適切な分量を守ってサポニンを摂取すれば、アンチエイジングに効果を期待できるでしょう。